忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリング(公認心理師)、グループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[344]  [341]  [339]  [338]  [337]  [335]  [334]  [333]  [336]  [332]  [331
宇治の文化ホールで、白石加代子の源氏物語一人芝居を見てきた。
幕が上がると、舞台一面、色とりどりの扇子が広げられている。
それが照明の光に映え、幻想的な雰囲気。
そこに、小舟に乗った白石加代子が登場する。
そこから2時間余り、瀬戸内寂聴の翻訳をペースに、
源氏物語の宇治十帖を一人で語り続ける。
彼女以外には黒子が一人いるだけ。
しかし、重要なキャスト達は既に登場していた。
舞台に広げられた扇子を、
薫の君にしたり、匂宮にしたり、大君にしたり、中の君にしたり、浮舟にしたり、手に取りながら語り続ける。
時間はあっと言う間に流れ、
宇治十帖がよく理解できた。
浮舟ははかないイメージがあったが、幼いながらも性欲の激しい女性だった。
薫と匂宮は、自分たちの満足のためだけに女性を弄ぶ。
薫の理と匂宮の情。
その間で弄ばれる浮舟。

白石加代子は25年ぶりだが、
当時から妖怪だったが、
ますます妖怪になっていた。
見事な芝居でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
29 30
31
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]