忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリング(公認心理師)、グループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
産業カウンセラーの有志でやっているキャリア問題の研修会に参加した。今回は事例研究。なので、内容は守秘義務があって書けません。
いろいろ話していて気づいたことは、キャリアカウンセラー(コンサルタント)は、クライエントを社会につなげなければならないけれど、心理カウンセラーはクライエントの生育歴とか性格をいじっていればいい。
キャリア相談をしている時には、なまじっか心理カウンセリングをつかってはいけない。それは、クライエントが何を求めているかをカウンセラーが知っていなければならないからだ。心理カウンセリングをやっていると、ついつい深みにはまりたくなる。そうすることがカウンセリングだという妙な(押しつけがましい)善意がチラついてしまう。善意の迷惑ということに陥ってしまいがちである。
キャリアカウンセラーは目の前の現実の問題を扱って、何らかの満足をクライエントに与えなければならない。成果主義という言葉は嫌いだが、実際の役に立たなければならない。切羽詰まった所で勝負しなければならない。しかも、良心に反して「切る」作業も要求される。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]