忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリング(公認心理師)、グループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[326]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314
全国学校教育相談研究大会、1日目の午前の講演は、
小学校の成績がオール1だった高校の教師、宮本延春氏。

小学校2年でいじめにあって、勉強などして目立てばまたいじめられるから勉強しなくなった。家庭環境も親が教育に理解がなくて恵まれてなかった。それで、勉強しない内に、まったく付いていけず、23歳になるまで九九が言えなかった。家も貧乏で、両親が相次いで亡くなって、18歳で天涯孤独の身になった。極貧の生活で、1カ月13円で生活したこともある。公園の草で食べられるものを食べたり、蟻を食べたり、風呂はないので雨で体を洗ったり。雑草が犬に踏んづけられたような生活だった。

23歳の時に、少林寺憲法で知り合った今の奥さんから、アインシュタインのビデオを見せてもらって、一念発起した。定時制高校に入り、名古屋大学の物理学科を目指す。九九さえ言えなかったのに、必死で勉強して、高校2年の時には物理の模擬試験で愛知県で1番になる。そして、現役で名古屋大学に入る。

オール1で、九九さえ言えなかったのに、名大の博士課程まで出る。
本人はクルクルパーと言っていたが、
もともと頭はよかった、勉強すればいじめられるという環境と、父親に教科書やランドセルを燃やされるという環境のなかで、勉強をしなかったのだ、と思う。だれでも努力すればできるようになるとはならないのではないか、教師は疑り深いし、嫉妬深い。

それでも、話術の巧みで、何や彼や言っても、僕は極貧生活には耐えられなかったと思う。 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
29 30
31
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]