忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリング(公認心理師)、グループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [274
「舞姫」の母の死の場面を授業した。
2クラスあって、先週と今週に同じ所を授業した。
どちらも自殺説による展開だ。
2年後の今読んでも涙が止まらない書中の言、
「お前の不名誉は私の死でもって償います」
以外には考えられない。
しかし、授業者である僕の立場は大きく違っていた。

私の母が亡くなった。
いや、亡くなっていた。
独り暮らししていたので、発見が遅れた。
手紙はない。
免官にもなっていない。

突然の死であった。
苦しまずに死んだのは幸いであるが、
これから恩返しと思っていたのに、
残された者には悔いが残る。

今年の「舞姫」の授業は、
一生に一度しかできない授業になってしまった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
29 30
31
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]