忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリングとグループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[554]  [553]  [551]  [552]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第7段落のチェック。
①トヨは、初めてエンペラーホオフホテルに来た。(久しぶりに、カイゼルホオフ)
 ★カイゼルはドイツ語で皇帝、それを英語で。
②トヨが相沢に会うのを一瞬ためらったのは、落ちぶれた自分を相沢に見られるのが恥 ずかしかったからである。○
③相沢は、痩せたクラ~い男であった。(太った明るい)
④相沢は、トヨの失敗を非難した。(しなかった)
⑤相沢は、昔話に花を咲かせた。(挨拶の暇もなく大臣に会わせた)
⑥大臣は、トヨに仏蘭西語の翻訳を依頼した。(独逸語)
⑦相沢は、トヨを夕食に誘った。(昼食)
⑧二人は、食卓で互いに語り合った。(相沢が質問し、豊太郎が答えた)
⑨相沢は、トヨの不幸な過去を責めず、官長を責めた。(留学生仲間)
⑩相沢は、トヨの失敗の原因は生まれながらの臆病な心のせいだと見抜いていた。○
⑪相沢は、トヨがエリスと同棲していることを知らなかった。(知っていた)
⑫大臣は、トヨの独逸語の才能を利用しようとしていた。○
⑬大臣は、トヨが女でクビになったことを知らなかった。(知っていた)
⑭相沢は、トヨに法律の才能を示して大臣の信用を得るように勧めた。(語学)
⑮相沢が大臣の信用を得るように勧めた理由は、自分自身の身の安全も計算している。○
 ★「伯が心中にて曲庇者なりなんど思はれんは、己に損あればなり」と言っている。さすが、用心深い官僚である。
⑯相沢がトヨにエリスと別れるよう忠告した理由は、年令の差がありすぎるからである。(身分)
⑰トヨにとって、相沢の出世話は五里霧中であった。○
 ★「重霧の中」と掛けている。
⑱トヨは、出世ができる、出世が幸せに結びつくと信じていた。(かわからなかった)
⑲トヨは、今の生活やエリスの愛を捨て難かった。○
⑳トヨは、相沢のエリスと別れることをキッパリ断った。(約束した)
21トヨは、友に対してはNO!と言えない性格だった。○
22トヨが相沢と別れたのは、午後七時である。(四)
23トヨの心は、さぶ~かった。○
PR
この記事にコメントする
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ ○Template:hanamaru.