忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリングとグループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[558]  [557]  [556]  [555]  [554]  [553]  [551]  [552]  [550]  [549]  [548
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はゆったりサンデー。
梅雨の中休み、天気がよかったので、朝からベランダで読書。
ペットの日除けのために買ったパラソルを借りて、ガーデンテーブルに差して、ちょっとしたリゾート気分。ポータブルプレーヤーで音楽を聞きながら。
1冊目は原宏一の「トイレのポツポツ」。原は町田康と同じくロックミュージシャン兼作家。カップ麺制作会社を舞台にした小説で、偽装の上に偽装を重ねる会社を従業員が摘発して再建するというストーリー。なかなか読ませる。トイレの床に尿の垂れ染みがある会社は、衰退の兆候があるというトイレ掃除のおばさんの言葉がタイトルになっている。2冊目3冊目は途中まで読んでいた「フリーターにはゼッタイになるな」と「先生のためのソーシャルスキル」。教師の実用書だが、なかなかポイントが押さえてあった。4冊目は今年退官になる立命館大学の高垣先生の「競争社会に向き合う自己肯定感」。格差社会の中でのカウンセリングの微妙な位置について的を射た指摘がしてある。
読書の合間に日記を書く。計算すると、2週間前に、父の生きていた日数を超えたことに気づく。これが、今年の一つの目標だった。いろいろな意味で父親を越えることが男の目標になる。越えたといっても、年齢だが、健康に産んでくれた両親に感謝である。
そんなこんなを考えた一日だった。
PR
この記事にコメントする
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ ○Template:hanamaru.