忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリング(公認心理師)、グループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88
第9段落。ラス前。

大臣の帰国の勧めに、即座にOKする豊太郎。
今回は、相沢にエリスと別れると約束した時とも、
大臣にロシア行きを承諾した時とも違う。
明らかに、自分の意志で、確信をもっての返答である。
エリスの愛を捨てて、帰国と出世を選んだのである。
もっとも、ここまで世話をしてくれた相沢の信用を傷つけないためでもある。

しかし、そうしておいてまた苦悩する豊太郎。
帰ってエリスになんて言おう。
ガキか?
雪降る深夜を徘徊して、家にたどり着くと同時に倒れてしまう。

さて、ここで、問題です。
もし倒れなかったとしたら、豊太郎にはどんな可能性があったでしょうか。
生徒にグループで考えさせました。
エリスに話せば、エリスの逆鱗に触れ、帰国をあきらめざるを得ないだろう。
トヨは自業自得だが、相沢はどうなる?
出発まで黙っていることは、小心者のトヨにできるだろうか。
金で解決できるエリスでもない。
ということは、倒れるしかなかったのです。
ベストの対応でした。
トヨの得意の、先延ばしです。

一つ、生徒から妙案が出ました。
エリスに嫌われるように振る舞うこと。
でも、八方美人のトヨには、高いハードルでしょう。

授業の詳細は、http://www.pat.hi-ho.ne.jp/nobu-nisi/kokugo/maihime03.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]