忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリングとグループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567]  [566
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

就活のマニュアル的な本だが、なかなか面白かった。

①「やりたいこと」「できること」「求められていること」の一致した仕事や会社がベストというのは当然のこと。
②ランキング上位の会社を狙うのでなく、「相対エリート」になれと説いている。つまり、鶏口牛後である。実力以上の会社に入ると、出世だけでなくやり甲斐のある仕事にもありつけない。上位3割に入れる会社を選ぶと、力が発揮できる。
③エントリーは「本命2社、押さえ2社、練習1社」に絞り込む。何十社もエントリーするということは、「やりたいこと」が絞れていないから。また、良いエントリーシートを書こうと思えば、5社が適当。
④エントリーシートは合否に大きな影響を与えるので、当たり前のことは書かない。アルバイト、サークル、ボランティアは常套手段なので手段なので陳腐になる。却って勉強をアピールする方が新鮮。
⑤面接官の求める合格者のイメージは、明るく、謙虚で、落ち着いている。野心があり、負けず嫌い。賢い上に努力家である。
⑥入社後は3年かかって一目置かれる存在になる。希望を出すのは3年後。そして、5年間は転職しないと決める。
⑦「働く」とは、「お金を払う立場」から「お金をもらう立場」になること。「お金をもらうこと」は非常に重い。そこをよく分かって就活する者が最後は成功する。
PR
この記事にコメントする
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ ○Template:hanamaru.