忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリング(公認心理師)、グループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
ネットワークポールと称して、100金で買ったボールを回す。
円になって、アイコンタクトで、相手を指定して、ボールを投げる。
初めは1つ、2つ、3つ、最後は4つのボールが同時に回る。
次に、架空のボールを回す。
ボール以外に投げてもいいと言ったら、
槍、大きな犬、そして人生。
さすがに人生は重かった。

生徒は面白がってやってくれた。
しかも、このワークの意味をちゃんと理解してくれた。

次に、増田直紀著『私たちはどうつながっているのか』(中公新書)を使って、ネットワークについて、クラスターの講義。
ちょっと理論をやってみた。
生徒はいろいろ発見をしてくれた。

詳細は、http://www.pat.hi-ho.ne.jp/nobu-nisi/soudan/jikokeisei.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
本「私たちはどうつながっているのか ネットワークの科学を応用する」
中公新書1894、増田直紀      ※  流行の「スモールワールド」や 「六次の隔たり」、 「スケールフリー」 といったWEB2・0関連の 言葉をコンパクトに説明するとともに、 日常生活への応用法を提案している。  わかりやすいネットワーク科学の入門書だ。  ネットワーク科学は、 行動経済学や脳科学などにも、 その考え方が取り入れら、 「MIXI」などのSNSもその原理を 応用している。  例えば、東京に住む人が まったく知らない北海道の人に届くように、 何人かの人を介して伝言を続けていく、 という実験...
URL 2007/07/30(Mon)19:37:21
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
29 30
31
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]