忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリング(公認心理師)、グループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[768]  [767]  [766]  [765]  [764]  [763]  [762]  [761]  [760]  [759]  [758
昨日で期末試験が終わった。宵越しの答案は持たない。
昨日あった3クラスは昨日の内に採点した。
中間試験に比べて軒並みダウンしている。
当然だ。授業に対する意欲が全く違う。ゼロに等しいと思える生徒も少なくない。だから、ちょっと目を覚ましてもらうつもりで、難しくした。問題量も増やした。効果は覿面である。効果がありすぎて、開始5分で放棄してしまった生徒もいる。あるクラスのあるテストは10点以下が数名いる。ほとんど白紙である。目を覚ますどころか、諦めの深い眠りに入ってしまったのか。
ここで、先日の香川大学の坂井先生の特別支援の話が応用できる。生徒の立場で考える。なぜ、こうなっているのか。教師の想像力の問題だ。そこまで、深く入らないと簡単には解決しない問題だろう。根は深い。生徒に聞いても答えられない、答えてくれないかもしれない。すべてが「かもしれない」の世界で考えていかなければならないかもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
研修シリーズ 「学びの場をつくる」 20-1
ノディングスのケアリング教育について(1)                                  ネル・ノディングス著 佐藤学監訳「学校におけるケアの挑戦 もう一つの教育を求めて」ゆみる出版 2007  学校で子どもは何をどのように学び合うこ....
URL 2010/09/14(Tue)18:01:39
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
29 30
31
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]