忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリング(公認心理師)、グループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[437]  [436]  [435]  [434]  [433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427
吉本隆明がテレビで語っていた。
吉本隆明というと、今の人にとっては、吉本ばななのお父さん。
84歳というのに、この頭の冴えは何なのか。
時には、?ということも言うが、吉本隆明は健在である。
30年以上前、京大で高橋和己の追悼講演会に吉本が来るというので聞きに行った。
井上光晴とかも講演していたと思う。
突然、客席から舞台に走り上がって、
「ご存じと思うので、話し始めます」
と言って語りだしたのが吉本であった。
話の内容は覚えていないが、鮮烈なイメージがあった。
ある頃からエネルギッシュであった。
『言語にとって美とは何か』という
とても難しい分厚い本を読んだものだ。
あの頃は思想の時代だった。
テレビを見ながら、30年以上前にタイムスリップした。
しかし、吉本が語っているのは、今の状況である。
懐古している場合ではない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
29 30
31
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]