忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリングとグループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[613]  [612]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [603
我がクラスの演劇本番。午後一の出番だったが、12時過ぎに教室に行くと、キャストは最後の練習に余念が無かった。気合いが入っている。そして、搬入に体育館へ、いざ出陣。
出来は最高でした。今までで一番よかったし、僕の予想をはるかに超えていました。本番に強い生徒たちです。それでも、本番前は胸がバクバクしていて、こんなことは今までなかったという。いい経験です。
終演後、キャストはもちろん、スタッフの生徒の顔が変わっていました。成功体験は一瞬にして生徒を変えるものです。
集合写真を撮り終わったあと、大道具の生徒は、次の演劇も見たかったろうに、解体作業に専念してくれました。頑丈に作り過ぎて解体が大変でしたが、生徒の思いが込められた作品でした。
そして、放課後、生徒がバケツを取りに来ました。有志が残って、教室を掃除してくれていたのです。嬉しかった。
本当に、成功体験は生徒を変えます。成功体験をするためには、困難なことにチャレンジしなければなりません。そして、つらい試練に耐えなければなりません。生徒たちは、体験をしてくれたと思います。
生徒たちの力量に感動した一日でした。これぞ、教師冥利、担任冥利です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
いろいろありましたが、よかったですね。
途中の過程では、気をもむことが多いものですが、「結果よければすべてよし」ですね。
「あ~よかった。」と思える瞬間が、担任冥利ですよね。
その後まで、生徒有志で掃除をしている姿なんて見られると、ますますうれしくなりますよね。
私は、今年はそんな担任業務から離れ、気楽と言えば気楽ですが、行事に思い入れがないというのも、寂しいものです。
usagi 2009/09/10(Thu)20:52:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]