忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリングとグループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[826]  [825]  [824]  [823]  [822]  [821]  [820]  [819]  [818]  [817]  [816
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本ファシリテーション協会関西支部の研修会に参加した。
今回のテーマは、質問づくり。
2年前に出版された『たった一つを変えるだけ』をもとに、ルール通りに厳格に研修した。
この本は何度も読んだし、研修会にも出たし、実際授業でも使ってみて、このブログでも紹介した。でも、すっきりしない部分があって、今回もう一度勉強しようとして参加した。
①ルールを徹底して
②質問を作って
③分類と変換をして
④優先順位をつけて
⑤共有して発展させ、
⑥最後に振り返る。
発散と収束とメタ認知を行う。
教師が質問を独占するのでなく、生徒に質問を作らせる。
まさに、自主的で対話的な深い学びである。
でも、腑に落ちないのは、作った質問の答えを考えずに放置しておくことだ。
質問には答えがなければいけないという先入観は古いのか。
生徒が優先順位をつけた質問が良い質問なのか。
このことが今回もすっきりしなかった。

後半は、マグネットテーブルで、各自話したいテーマを提示し、気に入ったテーマ同士がグループを作って話し合う。
僕は「他者の評価」と言うテーマを提示した。
さっそく声をかけてくれる人がいて、4人グループで1時間みっちり話し合った。
かなり深い話ができて、みんな大満足をした。
PR
この記事にコメントする
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
貴ブログを拝見してのお願い
初めてご連絡させて頂きました。
私、株式会社スプリックスの島貫と申します。
突然のご連絡で失礼致します。

現在弊社では、学校の先生方向けに授業準備のための無料情報サイト
「フォレスタネット」を運営しております。https://foresta.education/

この度、貴ブログに投稿されているご実践の数々を拝見し、是非私共にお力をお貸し頂けないかと思いご連絡致した次第です。

「フォレスタネット」は全国の先生方が実践等を共有し合うことで先生方の授業準備をご支援するサイトでございます。現在、全国の先生のご厚意を頂戴し、総数3万点以上の教材や実践例を掲載させて頂いております。

しかし、全国の先生をご支援する為に、より多くの情報を揃えていきたいと思っております。
つきましては、貴ブログにございます実践について、是非フォレスタネットへ転載させて頂けませんでしょうか。
転載のお手間は全て我々の方で代行させていただきます。

ご不明な点も多々あるかと存じますので、何なりとご質問頂ければと存じます。

この度は突然の不躾なお願いとなり、大変申し訳ございません。
ご検討の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

ご連絡いただける際は下記のメールアドレスまでお願い致します。
r.shimanuki@sprix.jp
shimanuki URL 2017/10/27(Fri)16:56:44 edit
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ ○Template:hanamaru.