忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリング(公認心理師)、グループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[730]  [729]  [728]  [727]  [726]  [725]  [724]  [723]  [722]  [721]  [720
2年生の現代文は最初から『山月記』である。
時間数が少ないので、メインの教材からやろうというねらいである。
導入は、教師による朗読。『山月記』の朗読テープは数多くあるが、その中でも秀逸なのが野村万作のもの。以前は、テープを聞かせて生徒の感動を引き出していたが、数年前から、それじゃ、教師が同じように万感の思いを込めて朗読すれば、もっと生徒の度肝を抜けるのではないかと思って始めた。前任校の担任のクラスでは、修学旅行のバスの中で生徒が朗読し始める騒ぎで、その効果は抜群であった。
今年も2クラス試した。生徒はしーんとして聞いてくれた。読んでいる方も、どんどん感情移入が激しくなり、恍惚状態になる。
これで、興味を持ってくれたらしめたものだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
29 30
31
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]