忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリングとグループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[727]  [726]  [725]  [724]  [723]  [722]  [721]  [720]  [719]  [718]  [717
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日から2、3年生の授業が始まった。僕は2年の授業が2講座。最初の授業は何歳になっても緊張する、疲れる。1年間の方向性が決まるというのは大げさだけど、最初の授業が上手く行くか行かないかは、やはり今後の授業に大きな影響を与える。実際に生徒に与える影響というよりも、こちらの気持ちの安定といった方が良いかもしれない。まぁ、始まって何時間かたてば、惰性になるし、毎時間毎時間充実するのは不可能である。いずれはルーティンワークになってしまうのだが、始めの授業の時間は、長く感じる。
で、今日は、進学クラスは、国語とはなんぞやという所から始めて、授業の約束を伝え、さっそく宿題の説明をして、一問一答の教師の自己紹介もした。ところが、普通クラスは、国語とはなんぞやは省略して、いきなり授業の約束を伝え、宿題の説明をしたのだが、ここで止まってしまった。同じように、いやより具体的に説明したつもりなのだが、なかなか理解してもらえなかった。何度も何度も説明している内に時間が来てしまった。予定していたことの半分もできなかった。
これは、僕の説明が拙かったのだ。生徒の理解力うんぬんよりも、そうした生徒にもわかるような説明の工夫が足りなかったのである。毎年のようには惰性で説明していると、思わぬ落とし穴にはまる。目の前の生徒に応じた授業をする。原点なのだが、ついつい疎かにしてしまう。反省、反省。
PR
この記事にコメントする
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ ○Template:hanamaru.