忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリングとグループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

画本を積み上げてその上に檸檬を置く。
これが第一のアイディア。
すべての善いもの美しいものである檸檬が、
えたいの知れない不吉な塊の象徴である画本を吸収して、消滅させる。
これでスッキリ解決。
と思いきや、その檸檬が爆弾になって丸善を爆破するという恐ろしい想像をする。
これらは何なんだ。
この想像は建設的なのか、破壊的なのか。
それは、その後、梶井が「奇体な看板画」で彩られた京極を下ることでわかる。
「奇体な看板画」は、「花火の絵」同様、無気力な私に媚びてくる、みすぼらしくて美しいものだ。
つまり、梶井は、再び、えたいの知れない不吉な塊の中に自ら戻って行ったのではないか。
破壊したのは丸善ではなく、檸檬だったのだ。
梶井を梶井たらしめているもの、それが「えたいの知れない不吉な塊」であって、
これは消えてはいけないものだったのだ。
ちょうど、肺尖カタルの熱を自慢するように。
PR
この記事にコメントする
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ ○Template:hanamaru.