忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリング(公認心理師)、グループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[625]  [624]  [623]  [622]  [621]  [620]  [619]  [618]  [617]  [616]  [615
一昨日はカウンセリングの研修を休んで、8時過ぎに床についた。
のに、昨日は映画の日というので、木曜日のウィークデイにもかかわらず、インターネットで予約していたこともあって、京都市内まで映画を見に行った。
「火天の城」、安土城を築城する大工の話である。安土には何度か行ったので、この映画が制作されると知った時から、必ず見に行きたいと思っていた。CGは使ってあったが、セットなどは現物でいくしかないだろうから、かなり金のかかった映画だった。人夫のエキストラを考えても、たいそうなスケールだった。ストーリーは、紆余曲折を作り込んだものだったので、別段特記すべきことはない。キャストも、西田敏之はうまいものの、体型的に無理があったし、福田紗紀は現代過ぎて浮いていた。映画としては、トップクラスとは言い難かった。
で、今日。疲れが出るのではないかと思ったが、気分的にリフレッシュできていたのか、快調であった。体力的な衰えは確かにあるものの、まだ、気力でカパーできる部分はあることの収穫が大きかった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お疲れ様です。ご無沙汰しています。この映画、友人がスタッフとして参加していました。色々大変だったようです。ワタシも機会があったら見たいと思っています。
とり 2009/10/03(Sat)21:57:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]