忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリングとグループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[628]  [627]  [626]  [625]  [624]  [623]  [622]  [621]  [620]  [619]  [618
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3連休の中日、快晴に誘われて、山登りをした。といっても、粟田小学校(今は白川小学校、そしてもうじき無くなる)の裏手にある山で、頂上は将軍塚に通じる、ゆっくり登っても40分程の山だ。しかし、平安神宮や円山公園といった観光名所のど真ん中にあって、一歩踏み入れれば本当の(?)山道というロケーションは貴重である。結婚して2年程親と同居して住んでいた間、子どもを連れて何度か登った。引っ越してからは家族で登ることは無くなった。結婚するまで30年余りの間も、子ども時代を含めて、あまり登らなかった。授業で何度か登ったが、自発的にはなかった。やんちゃな友だちは秘密基地を作っていたらしいが、縁がなかった。今日登ってみて、改めてその素晴らしさを再認識した。
頂上の将軍塚は、東山ドライブウエイからも車で登れるので、人が多い。東屋やベンチがあるので、そこで1時間程、持参した珈琲を飲みながら、日記を書いた。気持ちよかった。
そして、下り道が幾つかある中で、清水寺のコースを選んだ。下りてみると、清水の舞台の出口に出た。観光地のど真ん中である。山道から一転しての展開で、変化に富み過ぎている。後は観光客に紛れた。清水寺は舞台もいいが、胎内潜りがお勧めである。建物の地下に入っていくのだが、本当に真っ暗、目が慣れても真っ暗。手すりを頼りに進んでいくと、突如として梵字の書いた石がほのかに浮かび上がる。スリルと悟りを体験できて、たったの100円。滅多にできない体験である。
そして、二年坂、三年坂と下りて、高台寺、円山公園、祇園と完全な京都観光コースだった。
PR
この記事にコメントする
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<<<< 粟田祭 HOME 呼吸法 >>>>>
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ ○Template:hanamaru.