忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリングとグループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[602]  [601]  [600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593]  [592
宇治市にある地方劇団、しんせんユニットの「茶嵐ぽらん」という劇を見に行った。小学校の先生だった人が主宰している劇団で、前任校の教え子も裏方として入っている。宇治を拠点にしているだけあって、一貫して「茶」をテーマにした劇である。時代は室町時代、茶道の元祖となる村田珠光をモデルにしている。偽物作りの男と出会ったののが契機になって、それまで中国産の茶道具にしか価値を認めなかった茶道の世界に、国産の素晴らしさを認めていくという壮大なスケールの話。役者も、若い人が中心だが、僕と同じくらいの老優もいる。頑張っているローカルとして、見に行くことしかできないが、応援したい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]