忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリングとグループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[565]  [564]  [563]  [562]  [561]  [560]  [559]  [558]  [557]  [556]  [555
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第9段落 舞姫チェック

①トヨは、一週間後の昼過ぎ、大臣を見舞いに訪れた。(二、三日後の夕方、招待された)
②大臣の扱いは、冷たかった。(厚かった)
③その理由は、大臣がトヨの法学を評価したからである。(語学)
④もう一つの理由は、トヨのエリスと別れるという約束を、大臣が相沢から報告を受け たからである。○
⑤大臣は、一緒に帰国するように半ば強制的に伝えた。○
⑥トヨは、相沢との約束は嘘だったと言った。(言えなかった)
⑦断れば帰国や名誉回復の機会は二度となく、ベルリンでフリーターになると思った。○
 ★新聞社の仕事も正社員ではなく、定職につけずに非正規雇用が続くのであろう。今で言えば、まさしくフリーター。
⑧トヨは、一週間の猶予をもらった。(すぐに承諾した)
⑨トヨは、帰ってエリスに帰国することをキッバリと伝えようと決意した。(何と言おうか迷った)
⑩ホテルを出た時のトヨの気持ちは落ち着いていた。(錯乱していた)
⑪トヨは、すぐに家に帰った。(街をさまよった)
⑫トヨは、古い教会の近くのベンチに長時間座り込んでいた。(動物園)
⑬トヨは気がつくと外套や帽子は夜露に濡れていた。(雪が積もっていた)
⑭十時五十三分頃に再び歩き始め、〇時十七分頃にブランデンブルグ門に到着した。(十一時過ぎ、クロステル巷)
 ★0時一七分は「夜半を過ぎけん」とあるのでジャストかどうかわからないが○にしておいてもらおう。
⑮一月上旬の夜だったので、空には上弦の月が出ていた。(雪が降っていた)
 ★雪か降っているので月は出ていない。ちょっとした引っかけ。
⑯周囲の居酒屋や喫茶店はひっそりしていた。(賑わっていた)
⑰トヨの頭の中はエリスへの罪悪感でいっぱいだった。○
⑱トヨが家にたどりついた時、エリスはすでに寝ていた。(まだ起きていた)
⑲降りしきる雪の間に見えるエリスの家の窓の明かりは、まるでエリスの運命のようだった。○
 ★これは鑑賞の部類で、僕はとう解釈した。
⑳家に帰ったトヨに、エリスは「おかえりなさい」と言った。(あっ、その姿はどうしたのか)
21トヨの顔色は青白く死人のようで、髪は乱れ、服は汚れ破れていた。○
22トヨは帰宅と同時に、帰国を承知したことをエリスに伝えた。(倒れた)
PR
この記事にコメントする
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ ○Template:hanamaru.