忍者ブログ
教育の職人のぶさんの、国語教育とカウンセリング(公認心理師)、グループワークとキャリア教育、長年鍛えた職人技をお目にかけます。
[520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512]  [511]  [510
チェックプリント第2段落。

①主人公は幼い頃からスパルタ教育を受けた。○
 ★ギリシャのスパルタから説明が必要なレベルになってしまった。
②主人公は母子家庭に育った。○
③主人公は商人の家の子どもである。(武士)
 ★藩校に行けるのは武士の子息だけ。これに気づけば凄いのだが。
④主人公は大学の医学部に入学した。(法学部)
⑤主人公の名は、森林太郎である。(太田豊太郎)
 ★森林太郎は鴎外の本名。にしても、「しんりんたろう」と読む生徒が  多い。親は何を考えて付けたのだろう。
⑥トヨは藩校から大学までいつもナンバー1だった。○
⑦主人公は九人兄弟の四男である。(一人っ子)
⑧母は息子の勉強振りに満足していた。○
⑨トヨは二十二歳で大学を卒業した。(十九歳)
 ★当時も普通は二十二才で卒業。飛び級について説明する。ということ  は、3つ上の学生と競っても負けない。向こう3年で一番賢い。
⑩トヨは国家公務員になった。○
 ★今の国家公務員と違い、安定や天下りではなく、国を背負って立つ志  があった。
⑪トヨは親孝行といえば親孝行、マザコンといえばマザコンである。○
 ★マザコンは失礼か。
⑫トヨは官長のお気に入りだった。○
⑬トヨが洋行の官命を受けたのは二十一歳の時であった。(二十二歳)
 ★大学を卒業したのが十九、三年後に留学。
⑭トヨは家と自分の名誉の為に洋行した。○
⑮その時、母親は四十九才だった。(五十過ぎ)
 ★当時の女性の平均寿命は四十四歳というから、かなりの高齢。
⑯トヨが洋行した先は、欧羅巴の新大都の巴里である。(ベルリン)
⑰トヨは欧羅巴の美観に感動したが、仕事に専念した。○
⑱トヨはプロシアの官員にドイツ語やイタリア語を絶賛された。(フランス語)
⑲トヨは幼い頃から小説家になりたかった。(政治家)
⑳トヨは半年後、仕事の暇に大学で政治学を学んだ。(一、二カ月後、法学)
 ★学問大好き人間。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
リンク
プロフィール
HN:
のぶさん
性別:
男性
自己紹介:
高校の国語の教師
上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]